Rearend:1969 Chevrolet Camaro RS

0

    このところF-bodyが続いてます

    で、NewcomerのこのRS

    今回は一通りの点検と気になる所の整備での入庫

    しっかり手が入ってます

    好調なRAMJET350+700R4

    今回の目的だったRearendの整備

    異音+Axle shaftの縦ガタ

    なんの疑いもなくOpenと思ってここまでばらして

    Carrierの側面の穴を見てみたら

    Clutch plateが。。。

    Posiでした

    って、PreloadかけるPlate+Springが入って無かったんですが。。。

    よろしくないですね

     

    Shaft、Bearing類はすべて交換します

     

    もちろんJapan made

    Toolは大事です

    付いていたGearの指定通りに組むとこんな感じ。。。

     

    ま、ひどいもんです。。

    今回はBearingのみの交換

    Gearをそのまま使うので

    Drive側は摩耗があるだろうから

    Coast側重視で合わせようと思ったんですが

    どんなにやってもいい感じにならず。。。

    幾度とない組み換え+深夜作業で写真撮る気力も有りませんでした^^;

    Gearの音も若干するのでRing+Pinionも交換したいですね。

    とりあえずBearingが新しくなったことで安心できました。

    引き続き個々の部分はやっていこうと思います。

    つづく

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    information

    MSDSblogGIF.gif

    福岡・佐賀、九州一円で古い国産・アメ車でお困りの方。
    Original/StockからResto-modなマッスルカー、なんでもお任せください。

    なお、MSD SPEEDのFacebookページにて、Blogでは書かないことや、在庫処分品などのお知らせなどもやってますんでこちらもご覧ください!
    MSDSFB200.jpg

    606-4 Sakainishi-machi Tosu-city SAGA 8410042
    0942-48-6624
    お問い合わせは
    info@msdspeed.ccまで。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM